大人でも若者でも!病院にいかなくてもできる症状別にきび対策の総合情報サイト

にきび対策の最終兵器!医者いらずのアロエでにきびを完全追放!

医者いらずのアロエはにきびにも効果抜群!

昔から万能薬として知られるアロエ。
日本で一般的なのはキダチアロエですが、葉の成分には殺菌作用や炎症を抑える作用があります。
にきびの原因になるアクネ菌の除去から、悪化したにきびの治癒を促進する効能があるため、初期から炎症を起こしたにきびにも効果的です。
またコラーゲンの増加や細胞の再生を促進する作用もあるため、にきび跡を目立たなくする効果も期待できます。

にきびへの使い方は、キダチアロエの葉を適量切り、洗ってすり下ろすなどして絞ったエキスを肌に塗る、青い表皮をむいたゼリー状の部分でパックするという方法があります。
また果汁などを加えて飲むことで体質改善にも役立ちます。

ただし、体質に合わないと逆効果になる場合もあるので、使う前にまず二の腕の内側などにアロエを塗るパッチテストをして、肌トラブルを起こさないか確認しましょう。
服用も少しずつにして、お腹を下すなどの症状が出たらすぐ中止してください。

お酒に強い成人ならアロエ酒がお手軽!

もしあなたが二十歳以上でアルコールに強いなら、アロエ酒を作る方法もあります。
よく洗って乾かしたアロエの葉を300~500グラムほど用意して、広口びんなどに1、2センチ幅で切って入れます。
そこにアルコール度数が25から35パーセントの焼酎を1.8リットル注ぎこんで、2、3週間おけば完成です。

これを適度に薄めて、アロエエキスと同じように肌につけるほか、毎日おちょこ一杯分ぐらいを服用することで、体質改善にも役立ちます。
アロエ酒は保存が利くため、毎日でも使いやすく、小びんにとって化粧水として持ち歩くこともできます。

ただしアルコールに弱い体質の人だとやはり逆効果になるので、使うときはまずパッチテストをして、かぶれなどの皮膚トラブルを起こさないかを確認しましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る